BENTOSUMMIT
きほくラブめしメガ盛り祭
銚子川エリアトレッキングMAP
きほくでスポーツ
きほく倶楽部
きほくふるさと体験塾
ペットと泊まれる宿

紀北町を堪能するコンテンツ

きほくのたび
紀北町観光協会モバイルサイト

上記QRコードをカメラで読み込むか、http://www.kihoku-kanko.com/m/ に携帯からアクセス!

紀北町観光協会
〒519-3204
三重県北牟婁郡紀北町
東長島2410-73
TEL 0597-46-3555
※電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようご注意ください
FAX 0597-46-3556
mail info@kihoku-kanko.com

紀北町冬の味覚

冬は海の幸がおいしい季節です。ブリ・タラ・クエ…どれも脂がのっておいしく味わえますが、 紀北町の冬のグルメといえば「渡利牡蠣」と「伊勢エビ」が代表です。今月の特集は、町内の湖でしか生産されていない「幻の牡蠣」渡利牡蠣と、 冬の味覚の王様「伊勢エビ」を獲る男たちを取材してきました!

  • 幻のカキ 渡利カキ
  • 冬の味覚の王様 伊勢エビ
渡利カキが養殖されている白石湖は、大台山系から船津川によって運ばれてくる栄養たっぷりの水と、熊野灘の海水が混ざる汽水湖です。また、紫外線を照射した水で殺菌するなどの徹底された安全管理により安全なカキが生産されています。
カキはもともと磯の生き物。潮の干満にも耐えられるように、海水がない時は口を閉じてじっと我慢します。雨などによって海水と真水の割合が頻繁に変わる白石湖のカキは、栄養を取れる時にとり、体内にグリコーゲン(うまみ成分)を多く蓄積させる性質があります。この性質が渡利カキのおいしさの秘密のひとつであると言われています。
白石湖でカキのイカダ養殖が始まったのは昭和初期のこと。それまでは湖畔で育ったカキを漁民が採集するという漁法でした。機械や最新技術の導入により楽になった面もありますが、それでも自然が相手の商売のため苦労はたくさんあるといいます。
他所で生産されるカキと比べて、渡利カキは殻も美人!ほとんど付着物がありません。これは、真水が流入した際に殻につくフジツボなどを死滅させるからです。水中に余計な付着物がないことにより、カキ自身にもよく栄養が回るようになる効果もあります。
畦地宏哉さんは渡利牡蠣の養殖業を営む「畦地水産」の4代目。本格的に先代から事業を引き継いで今年で9年目になりますが、「自然を相手にした商売なので、わからないことはたくさんある」と話します。しかし、ご自身が丹精こめて育てたカキを出荷する際には「よくがんばってくれたな」という気持ちになり、そこにやりがいがあると優しい目で語ってくれました。ちなみに、畦地さんがおススメする食べ方は「カキフライ」でそうです!

畦地水産

相賀122-39
TEL:0597-32-2947
営業時間:9:00~16:00
牡蠣シーズンのみ営業
定休日:不定休

紀北町の伊勢エビの水揚げ量は実は三重県下で第2位!11月から漁が解禁となる長島では、約60隻ほどの伊勢エビ漁船が現在も漁をしているほど活発です。でも実際伊勢エビはどのようにして捕獲されているのでしょうか?そこで今回は伊勢エビ漁師さんのひとり、東さん親子にお願いして、伊勢エビ漁に使う網を海中に沈めてから、翌朝獲りにゆくまでを密着取材してきました!
伊勢エビの漁は「さし網漁」と呼ばれる漁法で行います。伊勢エビが通過するポイントに、あらかじめ数キロメートルにわたって網をかけて半日置いておきます。半日の間にエビや魚が網目に引っかかる仕組みになっています。
網をかけた翌朝2時半に漁にでます。ポイントにたどり着くと、機械を使って網を船へ巻き上げます。網が機械にスムーズに巻かれるには、写真のように網を引っ張らなくてはいけません。水を吸い、獲物をからめて重くなった網を延々2時間引っ張りあげる作業は、かなりの重労働!
お父さんが網を引っ張ってかごへ入れる間、息子さんは引っかかった伊勢えびを、傷つけないように網から丁寧に外していきます。縦に横に揺れる船の上で手元に集中する作業は、見ているだけで船酔いがしそう…。
網から外されたエビは船に備え付けの水槽に移されます。網にかかるのはエビだけではなくて、様々な種類の魚もかかります。この日は大きなヒラメ(写真中央)も獲れました!

朝6時、港へ帰ってきてからも漁師さんの仕事は終わりません。外しきれなかった伊勢エビを陸上で網から外したり、切れてしまった網を補修したり、獲れた伊勢エビや魚を市場へ運んだり…。作業は家族総出で行われます。伊勢エビは、11月~12月にかけてが、身も大きく、漁獲量が多いために値段も安いのでおススメだそうです。ちなみに取材した日は運よく伊勢エビが150匹ほど獲れました。これが、数匹のときや最悪ゼロなんて日もあるらしいです。

シーズンになると紀北町内の多くの鮮魚店で新鮮な伊勢エビをお買い求めになることが出来ます。こちらの地魚マップでお店の場所を確認してお立ち寄りください。また町内の飲食店や宿泊業者には個性的な伊勢エビ料理を提供するおみせもあります。伊勢エビをまるごと一匹しゃぶしゃぶにして味わう「伊勢海老のしゃぶしゃぶ」(写真はイメージです)は「四季活魚の宿 紀伊の松島」で味わうことができます。詳しくは紀北町観光協会まで。

四季活魚の宿 紀伊の松島 0597-49-3048

このページのトップへ